HOME > 業務内容

非破壊調査

  各種鋼構造物の非破壊調査  

超音波測定 ~JTM-10~

測定対象物を引き抜くことなく、

各種鋼構造物や鋼製防護柵・鋼矢板やH鋼・ロックボルト

等の、根入れ深さの測定・根入れ部分の腐食測定

鋼造埋設物の長さ測定・支柱等の亀裂変状測定

を、非破壊にて調査致します。


従来の上記確認は、対象物の引き抜き方法をメインでしておりました。

その他の方法としては、対象物を破壊(切る)等をしての確認が必要でした。

その後は対象物を元に戻す作業が発生する為に、時間とコスト・手間が掛かる

行程でしたが、当社の非破壊調査では、その手間を省く事が可能となります。




超音波測定の特徴

・対象鋼造物は12m程度まで測定可能

・GPS標準搭載の機器なので、測定データを保存時に(緯度・経度)も管理

・SH波(横波)とP波(縦波)のバースト波が利用可能鵜なので、状況に応じて対応

・腐食解析の際には、4段階評価にて状況確認が出来る。

  
非破壊測定機(JTM-10


 NETIS登録CB-110028-A
NETIS

とは国交省の新技術提供システムです。


 
JTM-10解析画像

                                              



ページのトップへ戻る